男性

ねじを使用する際は正しい種類とサイズを選び販売業者を検討する

簡単に行える防災

ワーカー

震災が起こった際に生存確率を高くするためにも、防災を始めましょう。簡単なものであれば飛散防止フィルムを利用することで、窓ガラスの飛散を防ぐことができます。逃げる際に怪我をしないためにも利用してみましょう。

詳しく読む

工事中に宣伝を行なう

工事現場

住宅やビルの工事を行う際に用いられる建築シート。工事を行っている間、ただ利用しているだけでは損をしています。このシートは会社のアピールにもなるため有効に活用しましょう。

詳しく読む

比べて検討する

工事現場

足場をレンタルすることにより、使用していない時の機材の保管場所が必要なくなります。会社にある購入した足場でお悩みの方は、一度レンタルを利用してみると良いかも知れません。

詳しく読む

違う種類は使用できない

ネジ

機械を製造する部品であるねじ。同じ機械に使用されているものでも場所によって様々な種類、サイズで使用されています。機械を製造する際には大量のねじが必要になってくるので、多数存在するねじの販売業者に問い合わせることになります。しかし、修理で破損してしまったねじを使用しようとなるとなかなか購入することができないことがあるのです。
専門の販売業者は基本的にロット数が多い依頼しか受けない場合が多いです。修理に使用する本数が数本だった場合、業者側は新たにねじを製造するコストと送料の方がかかってしまうからです。そのため少ないロットの取引を行わないことが多いです。そのため、特殊なねじや昔のものが必要になった時に対応できなくなってしまいます。だからといってサイズや形が似ているねじを使用してしまうと事故に繋がります。ねじの種類は多く、人が見てどんなに些細な変化であっても機械には確実に影響してきます。太さが同じであっても、長さが違えば大きなトラブルに繋がることもあります。仮に、直ったとしてもねじが変わった影響で次は新たな場所が壊れてしまうかもしれません。また、修理が不可能になってしまうことがあるかもしれません。大きなトラブルが起きてからでは取り返しがつかないのです。
販売業者の中にも数本の依頼から取引を行っている販売業者もいくつか存在します。必要なねじが入手できずに困っていても、違うねじで修理を行なうのは止めてください。そのような場合少数の取引も行っている専門の販売業者から購入しましょう。

Copyright© 2016 ねじを使用する際は正しい種類とサイズを選び販売業者を検討する All Rights Reserved.